-MeenaさんからのEmailその9とその経過- 2001-3-13

E-mailの内容(3月7日)

愛しい友人へ

すぐにWESTERN UNIONからお金を受け取ったそうです。大きな支援です。すぐに入金できるか心配しました。

建築基礎工事は完全です。ミーナさんが注文したドアと木の窓枠。コンクリートセメントの屋根にかけなくてはいけない大金。完全に違う工事のシステムにします。屋根に錫を用いれば丈夫ではありません。少年と少女に別々のトイレを作ることにしました。あなたたちにとても感謝しています。心からお礼を言います。プロジェクトに関してのいい記事を書いています。我々が本の魂だと言ってくれています。時間があれば私たちについて書いてくださいと。ネパールにはいつ来ますか。

ミーナさんより

感想と3回目の送金

受け取った連絡があってほっとした。わたしたちの支援が着実に活かされていく喜び!

3月13日玲於さんと母とMIAKIの支援金4万円をシティバンクからGRINDLYBANKに送金しました。

TTS120.60、 $331.67也   国際ボランティアをするには円高であって欲しいのだ。

 

Dearest friend Miaki,

How are you?

 I received the Western Union money on time. Its a great help. I was very worried about the money which is soon to come.

 The foundation is complete , the wooden frame of doors and windows I ordered . Now biggest money we have to pour on the roof because its a solid concrete cement.We have completely different system of construction. If I put Tin on the roof then it won't be strong. I have decided to have separate toilet for boys and girls.

 I am so thoughtful to you and your kind friends and I appreciate them from my heart. I am also writing a very good article about our project and you are the soul of my book. If you have time please write to me about you. How you'v begun to think about Nepal?I'll continueto write.

Your dear friend Meena