-MeenaさんからのEmailその3とその経過- 2001-1-12

ミーナさんからのメールの内容

 昨年11月盲学校を訪問した時前島さんがキッチンで50ドル寄付したけど、それはフルートを演奏する子供のためにいいフルートのセットを買ったそうです。私が持って行ったお煎餅を子供たちは覚えています。彼らはそれを日本のケーキだと思っていたけどミーナさんはそれはクッキーだと訂正し、10分間皆で笑っていたそうです。

 母からいくらか寄付してもらったとメールしたら母の名前と年を訪ねています。それは偶然の一致だ。今ストリートチュードレンのための家の土地購入資金の半分は亡くなったミーナさんのお母さんからのギフトだそうです。

 たくさんの人々に支援されているのでこの計画は成功するに違いない。50%の建築資材はクレジットで購入したので送金手数料4千円は大きいけど、それを払ってでも緊急なのですぐに送金して欲しいそうです。(7日には休日があるのでどっちみち間に合わないので登録してから送るとメールしたため)

 寒くなってきています。子供たちは寒さで震えています。だからすぐに工事を完成させなくてはなりません。工事の着工だけでなく、同時に女性との会合を開催したりミーナさんは大忙しの毎日です。

 すぐに子供たちが滞在できるような建築工事を始めています。ストリートチュードレンの母親は生きていても無力です。もしこのプログラムで子供たちを避難所で支援できれば路上は明るくなります。

 162人子供たちがいて、そのうち30人は母親がいます、でも無力なのです。父親は数えられません。酔っ払いかもしくは家を出てわかりません。母親も父親の居場所がわからないのです。だからこそ子供たちが路上生活しているのです。

 彼らを助ける前にまず背景を知りたいのです。精神的に遅れていたり、いたずらであったり、家出したようなホームレスの子ならすぐさま家に帰すべきです。私たちの支援は必要なく家族の問題を解決すべきです、これについては厳格です。怠慢でおもしろがって作り話をしているかどうか見抜かなくてはいけません。

 私たちの親切心と愛がわかるので、すべてを分かち合いたいそうです。

ミーナさんより

日本の対応

 前日、送金できるように登録をシティバンクで行います。書類を書いて郵送するように言われ1週間異常かかるとのこと。しかしメールによりこれで7日でなくて至急支援金が必要だということがわかり慌ててシティバンクの支店に行き送金の手続きをしに行ったら、為替レートが出ないと待たされ、手続きが始まったら、WESTERN UNIONにはシティバンクからできないということがわかりました。そこで東京三菱銀行に行って調べたら、銀行以外には送金できないkとがわかり、しかもポカラにはカトマンズ経由で転送する形になるとわかりました。ミーナさんにその旨メールで伝えました。ネパール大使館に問い合わせても銀行に口座を開けば送金できるとの事でした。

 中島さん一家が協力してくれるとメール。大崎さんも支援金にご協力してくれるとメールがありました。

 枝廣さん、町田さん、石川さん、品川さん、加藤さん、岩沢さんからメールでアドバイスいただきました。落合さんに電話、高梨さんにも意見を聞きました。してアドバイスして貰いました。NPOや団体の方が助成金を受けらやすいとか、継続するにはそれなりの工夫が必要とか、どこでどうお金が使われたか、進行状況を報せるとか必要。金だけ出すのでなく実際行動し関わることに興味があるなど。

 ボランティアは甘くはないという実感です。ネットでどこまで社会貢献できるか挑戦してみたいと思います。

 

Dear Miaki san,

Namaste! How are you?

 Yesterday I went to my blind school and listened to their musical program. They played new songs.I hope that you and your friend Had given me $50 at the Hungry eye restaurant , with that money I bought a nice set of flute for one of our best flute player.I mentioned to him that was from you both and they thanked you. They also remember Japanese cookies. They thought it wasJapenese cake and I corrected them that it was cookies and everybody laughed for 10 minutes . So now you know what to bring from Japan next time.Miaki San ,

 How old is your mother and what is her name? I would like to thank her in my prayer. It is a real coincidence that the house I am building for the street Buddha(children) that land half of the money gifted to me by my mother who passed away long time back. Now your mother helping me.

 The project must be successful as because of getting blessings from so many wonderful people. Miaki San, 50% building material I got on credit so this time let's take risk of $35 for the first and last time. I know it means a lot for us but this is emergency.

 Weather getting very cold here and my children getting kind of severe cold so we must complete the construction soon.It won't be fancy but strong. I am very busy with the construction at the same time I am holding the women's meeting.

 Soon we are starting a new project that their children can stay with them. Even we are helping the children because I found some of street children's mother alive but absolutely helpless. If the program will put the children with them with our support ,the street will be a bit clear. 162 children we have, 30 of them have mother. Its useless to count their fathers. Most of them are heavty drunkards or run away from home. Even mothers don't know about their husband. That's why there are childre on the street. Before I help them ,I like to know their background. Mentally retarded or miscivious , naughty who run away from home. These types of children ,they should go back to their family. No help from us except thatfamily re-union. I am strict abiut this. If I find out anybody making story for their living out of lazinessor fun I must know the truth

 .I knoe your heart full of kindness and love that's why I like to share evey detail with you.

  Miaki San, Please come to Pokhara soon. My home is yours. and I have a room ready for you.My family is happy n' healthy. Thank you so muchfor being in my life.. Your friend forever, Meena.