-ネパールとのEmailその27とその経過- 2001-9-30

日本からのE-mailの内容(9月26日)

お元気ですか?子供たちとご家族もお元気ですか?私はアメリカのテロ事件に驚き、テレビを見るので忙しいです。もし戦争が起こったらアフガニスタン人が可哀相です。

今日424.91ドル送りました。(YOSHIKOが5,000円、母が10,000円、佐藤さんが10,000円、私が20,000円、YOSHIKOのクラスに参加したYURIKOと伊野さん、真田さんと私で8,000円集めました。銀行の手数料が2,500円です。TTS=118.85円)

日本は不況なのでお金を集めるのが難しいけど、努力します。

RAJEESHはもうすぐ結婚するのですね。彼は今幸せでしょう。私たちも結婚式に参加できれば嬉しいです。ネパールの情勢はいかがですか?

焼き増ししている写真を後で送ります。ホームページにも支援者の写真を載せますね。では子供たちやご家族によろしく!            MIAKIより

ミーナさんからのE-mailの内容(9月28日)

お元気ですか?ご家族はいかがですか?

RAJEESHはあなたはとても一生懸命働いていると言っていました。あなたのことをたくさん想っています。あなたは距離は遠くにいるけれども、近くにいるような気がするのです。あなたがネパール来れればいいのに!互いに感情的に支援できます。それぞれの問題を語りながら、村を歩きながら、私たちをとり囲むヒマラヤを見ながら、平和と調和を感じながら、目を閉じて、新鮮な空気を吸って。

手術の後で、私は本当に疲れを感じました。私は体力的に弱いと感じました。子供たちや目の見えない子供たちの平和な歌声だけが、私を生きている気持ちにして、力をつけてくれました。私はとても淋しかったです。というのは話したいことが山ほどあるからです。あなたは私の人生にとって大切な人です。

BBCやCNNのニュースを見ていると、パキスタンやインドの近くに住んでいるので、私たちは確実に影響を受けます。インドで問題がある時はいつでもネパールは苦しまなくてはならないのです。今は大きな経済危機です。一晩ですべての価格が高騰しました。店の人は儲けて店員を隠し、価格を上げました。ポカラではたくさんのアフガニスタン人を見かけます。国境が近いからです。ネパールの旅行も難しくなっています。この狂った世界に何が起きるかわかりません。ただ私たちにできることは祈ることです。平和と正義に、良い世界が来るように。それをできるだけします。

両親によろしく!夫にもよろしく!皆に会えますように。大きな愛とハッグを優しいハートのYOSHIKOにも伝えて。2人も大好きです。気をつけて、あなたたちのためにも祈っています。あなたの友、ミーナより

 

Dear Meena,

How are you? How are your children and family?
I was very surprised at the terrorism in NY & Washington D.C. I have been busy watching TV. If a war occurs, it will be pity for Afgan.

Today I sent you $424.91.
(Yoshiko donated 5000yen, My mother donated 10000yen, Sato-san donated 10000yen, I donate 20000yen,
And at Yoshiko's meditation class, Yuriko, Ino-san, Sanda-san,and I donated 8000yen. We had to pay 2500yen as bank comission. Today's TTS =118.85yen)

Now in Japan because of recession it is difficult to collect money. But we'd like to make efforts.

Rajeesh will get merry soon. He must be happy now. We wish we could take part in his wedding. We'd like to visit Nepal. How is Nepalese situation now?

I'll send you our photo which I ordered. And I will upload Home Page with our photo soon. With best regard to your family and your children. I hope I can see you soon.



Dearest Miaki San,

how are you? how are your family?

Rajeesh told me that you work really hard.

I am thinking about you a lot we live very far from each other but some how I really feel close to you.I wish you could come to Nepal, to support each other emotionally, tell each others problem, walk in the village, see the Himalayas all around us and feel peace and harmony. Close eyes and breath fresh air.

After I got my operation, I really feel tired.Physically I feel very weak. Only my children and my blind children peace songs making me alive and giving me strength. We are all missing you because I talk about you a lot. You became a very important person in my life.

Watching CNN and BBC news,living near Pakistan and India,we are definitely being affected. Any time India has problems , Nepal has to suffer, its a big economic crisis right now. Over the night, everything became so expensive. Shopkeepers taking advantages and hiding the stuffs, rising prices. There are so many Afganistanis that we can see in Pokhara because the border is so very close.Hardly any tourists in Nepal. I don't know what will happen to this crazy world. only thing that we can do right now is to pray for peace and justice and wait for a better world. I wish you for the best.

Please give my love to your parents. Say hello to your husband. I hope one day I'll meet everybody.Please give my big love and hug to my sweetheart Yoshiko San. I love you both very much. Take care my dear. Always pray for you. Your friend , Meena.